底辺リーマンが転職サイトとハローワークを実際に使って比較してみた

転職サイトとハローワークを比較

転職サイトとハローワークの違い

転職サイトとハローワークの大きな違いとしては、まず企業側が求人を出すのにお金がかかるかかからないか、という点があります。

転職サイトには掲載期間によってお金がかかりますが、ハローワークは基本的に国が運営しているものなので掲載料が無料です。ですのであまり採用資金がない企業も求人を掲載することが可能ということになります。採用人数が少なかったり、小さい企業も載せることが出来るので掲載件数が非常に多いです。あまり採用試験に受からなかったり、良い求人が見つけられなかった人が転職サイトを利用した後に利用することも多いです。

また、他の違いとしては転職サイトはすぐにWEB履歴書等を利用して応募することが可能ですが、ハローワークは一度市に足を運ぶ必要があります。休日などを利用する必要があるので少しハードルが高くなります。色々な違いはありますが、良い求人を探すためにいろいろなところで求人を比較しつつ進めていくことが大切です。

ハローワークの良いところ

公共職業安定所、通称「ハローワーク」の良いところと言えば、まずは何といっても「しっかりと保証された機関である」と言う点でしょう。利用は無料で誰でも登録できるうえ、希望や自身のキャリアにマッチしている求人が出てきた時にはハローワーク側から紹介してもらうことも出来ます。

何よりも素性のはっきりした機関であると言うことで企業は求人を出しやすい状況になっていますし、ある程度の強制力を持っているので「万が一、求人票記載内容と採用後の環境が違う」と言う状況でもしっかりとサポートしてもらうことが出来ます。

民営の求人サイトや求人誌、フリーペーパーなどもタダで利用出来るものは多いのですが、掲載されている求人は「お客様」であるが故に、どうしても掲載側に立った対応になってしまいがちです。そうした状況が無く、双方に平等か求職者優先のスタイルで対応してもらえると言う点もハローワークの良いところと言って良いでしょう。気軽な相談ができ、確実な回答が貰えると言う点も魅力です。

ハローワークのダメなところ

ハローワークは、企業が人を雇いたいといった希望と個人が働きたいという希望を無料で繋げてくれるところです。すばらしい仕組みですが、無料というところに問題やダメなところがあります。

それは、企業側は求人目的以外にも無料でいろいろな恩恵を受けれるという点です。宣伝広告になったり、地方へ貢献しているアピールになったり、景気がいいというアピールになったりというものがあります。中には、ハローワーク側から求人掲載の依頼があって出しているだけというケースもあります。そのため、雇う意志もなく、長期間に渡って求人を出しているカラ求人と呼ばれるものもあり、求職者が応募しても雇われることがないということになります。

しかし、転職サイトのように求人掲載にお金を取っていてはハローワークの存在意義がなくなりますので、カラ求人を無くす対策が必要と言えます。見かけ上、求人倍率が悪くなるということになりますが、就職率を上げるには有効です。どちらが重要かとなれば当然後者です。

転職エージェントや転職サイトの方がハロワ求人よりも質が高い理由について以下のページにも書かれています。
おすすめ転職サイト徹底比較ランキング

転職サイトの良いところ

転職サイトの良いところというのは、膨大な量の求人を家に居ながらにしていつでも簡単にチェックをすることができ、仕事探しを効率的に行うことができるという点にあります。

仕事をしながら転職活動をするというのはとても大変なもので、仕事を探す時間を取ることができないということもあるのですが、転職サイトを利用すれば24時間いつでも求人の確認をすることができますからわずかな時間を利用して仕事探しをすることができるのです。

情報の更新が早いというのも非常に大きな魅力であり、紙媒体の求人誌などは掲載された時点で情報が古くなってしまうことがありますし、新しい情報に更新されるには時間がかかります。
しかし、転職サイトであればリアルタイムの更新もありえますからいち早く新着求人を見つけることができ、良い仕事に巡り会える可能性もあります。

転職サイトはこのように時間を問わずに仕事を探すことができ、なおかつ情報量も豊富という利点があります。

転職サイトのダメなところ

転職サイトは情報量が膨大であり、更新も早く時間を問わずに仕事を探すことができるという利点があるわけですが、その分だけライバルが多くなってしまうという欠点があります。

新着求人をすぐに確認することができるというのは大きなメリットですが、ライバルも同じようにすぐに確認できるのはデメリットとなってしまいます。
そのため、美味しい求人ほどライバルの数が多くなるだけに転職がなかなか決まらないという自体になってしまうのは、転職サイトの悪いところだといえます。

更に転職サイトに掲載されている情報だけが全てではないという問題もあり、あえてこのようなサイトには求人を公表しないという企業もあるわけですから、そのような企業の求人は必然的に知ることができないという欠点があります。
転職サイトは上手に使えば転職の大きな助けとなってくれる存在ではありますが、万能な存在ではないので長所と短所をよく理解した上で使う必要があります。